パウンドケーキ 研究

フラワーバッター法

更新日:

150121_1

フラワーバッター法とは

パウンドケーキの代表的な作り方の1つで、フラワー(小麦粉)とバッター(バター)を先に混ぜ合わせてから作る方法。

砂糖とバターを先に混ぜる、シュガーバッター法に比べて、卵とバターが分離しづらいので、どちらかと言えば、初心者向けの作り方として紹介されることも多い。

確かに、手軽な方法ではありますが、プロがやらないかと言えばそういうわけでもなく、好みに応じて、作り別けるのが良いようです。

一般的なパウンドケーキのレシピは、どちらかと言えば、シュガーバッター法の方が主流になり、フラワーバッター法で解説したレシピは少ない。

フラワーバッター法ので作ったパウンドケーキは肌理が細かくフワッとした軽い生地になる。

フラワーバッター法で焼くパウンドケーキの基本手順

1.常温に戻したバターに小麦粉を少しずつ入れ、よく混ぜて、空気を含ませる。
2.卵と卵黄を混ぜる。
3.1に2を少しずついれて混ぜる。
4.卵白と砂糖を混ぜてメレンゲを作る。
5.3に4を混ぜる。

フラワーバッター法のメモ

・バターと小麦粉を先に混ぜると、グルテンが発生しずらくなる。
・シュガーバッター法に比べて膨らみやすいという意見もある。

-パウンドケーキ, 研究

Copyright© パウンドケーキとお料理のブログ , 2021 All Rights Reserved.